Meet our colleague

Lenia Papadimou

薬事申請責任者(アテネ)

Leniaはアドラゴス アテネの薬事申請責任者です。ジェネリックとジェネリックプラスの開発における薬事戦略と登録に向けたパスウェイを監督し、複数の国で200件以上の薬事申請を成功に導いてきています。Leniaの働きは、規制基準を満たすだけでなく患者様そして医療従事者にもより高い価値を提供する製品の土台を築くもので、特に付加価値医薬品に重点を置いています。このような実績から、医薬品をタイムリーに、かつコンプライアンスに則って上市することへのこだわりが見てとれます。
また、製品開発の初期段階には、品質特性と規制遵守に重点を置いた貴重な助言を行っています。欧州の主要な規制当局とも積極的に関わり、科学的諮問会議や照会手続きにも貢献しています。ヨーロッパ全土の患者が必須医薬品を利用できるよう尽力してきたLeniaは、その専門知識と貢献実績から、業界内で尊敬される存在となっています。
Lenia Papadimouは、確かな学歴を持ち、製薬規制関連分野で25年以上献身的に働いてきた経験豊かな専門家です。化学の理学士号と薬学の修士号を持ち、キャリア全体を通して常に専門知識と指導力を発揮してきました。過去13年間にわたり、アドラゴス アテネ(旧Lamda Laboratories)の薬事申請責任者を務めています。

ニュースレターの購読

最新情報をお届けします。